さとうかよのブログ
by kakakakayo
椅子


何かのフェア。
体育館みたいな場所で大きな解体市が行われてる。
巨大テーブルが廃材になったものの足には、
大きめなボロボロの要らなくなったぬいぐるみがついていた。
それをみて、ほら、やっぱり夢の中にはこうゆうのがでてくるから。と自分が夢の中にいることに気づかないでおもう。

どうしても、そのぬいぐるみが全部ほしくて、勇気をだして話しかけた。
どうしてもください。

そのベリーショートの女性はめんどくさそうに、
ちいさいぬいぐるみを一個とってくれた。


手のひらにのるくらいの、
薄汚れたサザエさんにでてくるタマみたいなかたちの
ネコといえばネコのかたちの
でも、顔はマジックテープで
縦に口がついていた。

(え?あんなにいいぬいぐるみがあるのに、これだけ?)

あまりにもショックでつい口から文句がでてしまった。

「あんなに目がぐちゃぐちゃのいいぬいぐるみがあったのに
手に入ったものが、こんな猫いっぴき?」

すかさず、いわれた。

「他に貰いてはいるから。」

ショックだった。

どうやったらその解体作業の仕事につけるか考えた、
でも、そのためには、かなり踊れなくちゃいけない。
だって彼女たちは、
スペシャルなダンサーの資格もあったのだから。
[PR]
by kakakakayo | 2012-04-09 13:11 | 夢日記
<< 記憶とかが。とても大事な人の話 感謝の想い >>


カテゴリ
全体
夢日記
宣伝
未分類
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧